2012年12月28日

新口座開設!

写真 (100).JPG

法人化に合わせ、タイガーマスク基金の新しい法人口座を2つ開設しましたひらめき

★三菱東京UFJ銀行 千駄木支店(063)
普通 0183209

★ゆうちょ銀行 008
普通 1995003  
    

です。

これまでもたくさんのご寄付を全国の皆さんからいただきましたが(毎月一定額を振り込んでいただける方もいらっしゃいます)、来年以降も引き続き、児童養護施設等を退所する子どもたちへの自立支援や児童虐待防止の事業を推進していきますので、どうぞよろしくお願いします!(※基金の使い道についてはこちら

※なお、これまでFJ時代に使用していた三菱の口座は閉鎖いたしますので、お振込の際はくれぐれもお間違いのないよう、お気をつけください。

※NPOの個人・法人会員の受付は年明けからスタートの予定です。
posted by ando-papa at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

パパとママがほしい!

写真 (60).JPG

16日にNHKで放送された社会的養護のドキュメンタリー番組「パパとママがほしい~大阪・乳児院の一年」を視ました。この番組はタイガーマスク基金の夏の勉強会(大阪)にも来てくれた、大阪で勤める報道カメラマンの志事です。

写真 (62).JPG
平成24年3月現在、日本に乳児院は全部で129施設。2843人の子どもが暮らしています。
番組では1年にわたり、乳児院で暮らす子どもたちを見つめ、子どもたちが新たにパパ・ママになってくれる家族を探す日々を追っています。

写真 (61).JPG
生後1か月で乳児院に預けられたある男の子は施設で成長して4歳になったが、まだパパママが見つからない。(通常は乳児院は1歳まで。その後は児童養護施設に入るが、この子は食物アレルギーがあって施設は受け入れができなかった)

写真 (63).JPG
施設で出来ることには限界があると思いながらも、少しでも家庭的な味を味あわせてあげたいと心を砕く施設職員の皆さん、成長を喜びながらも養子縁組がなかなか叶わず、日々が過ぎていくことに焦る施設長のやるせなさが顕れていました。

そして一方、番組では養子縁組を希望する多くの夫婦は0~1歳の女の子を好んでなかなか縁組が成立しないという事実や、養子に迎えたいが年齢制限の壁にぶつかる夫婦の姿も取材。また国内を諦め、海外の家庭に迎えられて楽しい人生を送っている子どものケースも紹介され、「家族とはなにか?親とはなにか?」を改めて考えさせられます。

番組では暗に、日本の養子縁組制度の改善点やこの問題に対する社会的な認知・認識が薄く、さまざまな課題があってその支援&改善を訴えていることを視ていて感じましたが、これは別世界ではなく、私たちの社会で起きている問題です。

今秋に視察で訪れたドイツにも乳児院はありましたが、ほとんど1年以内に養子縁組が整い、子どもたちは家庭で育つことができるそうです。

日本はなぜそうならないのか?制度のネットワーク強化や養子を育ててくれている家庭への経済的・精神的支援の拡充含め、もっとできることはないのだろうか?

この問題をもっと識り、向き合い、1人でも多くの子どもたちが温かい家庭で育つことができるために、タイガーマスク基金やFJの仲間たちと何ができるのか?常に自分に自問自答しながら、どうしたら子どもたちの未来が少しでも明るいものになるのか、多くの方々と考えて実践していきたいと思っています。

posted by ando-papa at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

東海(名古屋)でも、子ども虐待防止セミナーが開催!

37603a150f473f9c8ccc1d406f933f23.jpg

NPO法人ファザーリングジャパン東海支部が、名古屋で児童虐待防止セミナーを開催してくれることになりました!

タイガーマスク基金からは理事の高祖常子が登壇参加します。

★父親発!子どもを救え!児童虐待防止セミナー
~父親だからできること・・・「地域の大人」になろう~


【日時】:2013年1月23日(水)19:15〜20:45
【会場】:ウインクあいち1008会議室
【参加申込み】こちらFacebookから↓
https://www.facebook.com/events/474613929244281/474619369243737/?notif_t=plan_mall_activity

【プログラム】
1.「児童虐待」その実態&たたかない子育て(60分)
講師:NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク理事 高祖常子さん

2.父親ができること、地域ですべきこと…(30分)
内容:高祖さんや当事者によるパネルディスカッション

3.参加者交流会(会場は周辺飲食店・参加費は別途実費)

中京地区の皆さん、ご参加お待ちしてます!

orange6.jpg

posted by ando-papa at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント情報 | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

関西、再び勉強会開催します!

sIMG_3911.jpg

今年8月に関西で初めてタイガーマスク基金の勉強会を行いましたが、年明け1/9に第2回目の開催が決定しました!今回は「DV]をテーマの中心に据え、ホワイトリボンキャンペーン・KANSAIさんと共催、FJ関西の会員パパたちのサポートで、「男性目線」でDVと子ども虐待について考え議論したいと思ってます。

★タイガーマスク基金勉強会IN関西#2
「暴力の連鎖を止めよう!~男性主体で考えるDVと児童虐待~」

【開催主旨】
平成23年度の児童虐待相談件数は約6万件、それに対してDV(ドメスティックバイオレンス)の相談件数は8万件です。DVの加害者はほとんどが男性で、女性の3人に1人は配偶者から被害を受けたことがあると言われています。そしてこのDVも児童虐待の一種。児童に対する暴力はもちろんのこと、児童の親の間での暴力・暴言も、児童に対するトラウマを生じさせるという点で児童虐待に当たります。暴力の連鎖を止めるため「社会全体の父親でありたい」という思いを込めて、男性主体でDVについての勉強会を開催します。

【主 催】NPO法人タイガーマスク基金 ファザーリング・ジャパン関西
【共 催】ホワイトリボンキャンペーン・KANSAI
【参加費】500円(会場費・資料代)
【日 時】 2013年1月9日(水)  18時30分 開場 19時開会 21時閉会
【場 所】ドーンセンター4階 大会議室1(大阪府立男女共同参画・青少年センター)
【お申込み】https://ssl.form-mailer.jp/fms/d4530562225894
【勉強会内容】
①基調講演:「DVの現状とその要因」茂木美知子(ホワイトリボンキャンーペーン・KANSAI)

②パネルディスカッション:「DVと児童虐待」
茂木美知子(ホワイトリボンキャンペーン・KANSAI)
田辺哲雄(日本メディカル福祉専門学校講師・元児童養護施設職員)
安藤哲也(NPO法人タイガーマスク基金代表理事)

③参加者座談会:参加者全員
「暴力の連鎖を止めるために、私たちにできること」

※子連れで参加されたいかた、ぜひいらしてください。会場内に子どもの過ごすスペースを用意します。
posted by ando-papa at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント情報 | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

法人登記!固定電話も入りました!!

写真 (49).JPG

NPO法人の認証を受け、12/3に法務局に法人登記してきましたひらめき

これで晴れてNPO法人として活動ができることになります。

2_7.jpg
事務所に固定電話も入れました!

新しい電話番号は、03-3942-0373

お問い合わせはこちらまでお願いします!

posted by ando-papa at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。